片付けているけれど

おとといと昨日、キッチン戸棚、ウォークインクローゼット、押し入れなどを見直し断捨離中です。

しかし・・・なかなかすっきり進みません。もう何度目かの断捨離なので、スペースは欲しいけど、そうそう簡単に捨てられる物もないんです。。。

風水お仲間ならピンとくると思いますが、片してる場所から推測できるのは、私の内面です。私が抱えている、これまでに溜めた色々な思い出、経験、こだわり。

これらを捨てる必要などないけれど、自分でちゃんと整理しコンパクトにし、片隅に置ければよいなと思います。でないとそれらがブロックとなることもあるでしょう。

私の今の状況は、これらでいっぱいで他のものが入るスペースは僅かなのかもしれません。

まだ自分を広げるためにもスペースを作りたいと頑張っています!

(なんて見方もできるんです。)


捨てられないものにこんなのが出てきました。

これは父の形見。左は確か還暦のお祝いに、父が書いたものを陶板にして親しい人たちに配ったもの。だからかなり重さがありマンションの壁にはなかなか飾れません。この4年後に父は亡くなりました。はやかったなあと思います。

右はご先祖の何回忌かの記念のものだったかな・・・やはり父が書いたもの。

額は軽く、意味に共感できたら和室に飾ろうと思いました。

このての物をみて、知識ない私は、「これはきっと般若心経の抜粋だ。今出てきたということは私への啓示かもしれない。意味を知りたい!」とネットで検索してみました。

でも般若心経には見つからず、よくよく書を見てみると「心信無仏」とありました。

これで検索してみたら、これが浄土真宗からのお経の抜粋であることがわかりました。

実家は浄土真宗です。

今ちょうど五木寛之の「隠し念仏と隠れ念仏」を読みだしたところで、浄土真宗についての表にはでない歴史を知ったところでしたので、おう~繋がったなと言う感じ。

これについていろいろ思うことがありますが、今日書こうと思ったのはそれではありません。

ネット検索中にこんなのを見つけたのです。

浄土真宗では般若心経を唱えてはいけない。宗派が違えば教えが違うわけです。

その他いろいろなタブーがあります。中には私の考えを根底からひっくり返すものも。

夫の方は曹洞宗(般若心経)だからお仏壇もそう。ここに浄土真宗の額は飾れない?

娘の学校はキリスト教、息子はまた別の仏教校。

私は仏教もキリスト教も好き。私の中に垣根はないし両方拝みます。

だけど、そんな禁止事があるならば、あえて無宗教でいよう!

っていうか、たぶん全宗教?なんだけど、そんなことはそれぞれの教えを知らずに言えることなのか?


断捨離中にこんな思いに至っているので・・・

進まないわけなんです。


父に書も仏教についても習いたかった。。

そんな思いに浸ったりして、

気がつけば部屋中あふれたまま、夕方のお散歩の時間です。


ちなみにこれ断捨離には一番いけないことなんですよね。

思い出に浸るというか、いちいち思いを馳せるというか。笑


それにしても・・・浄土真宗ちょっと読んだら大変興味深い。

もう少し知ってみよう。






+Plus Green風水

まずは整理整頓と掃除!そしてグリーン(植物)をプラスしてみて下さい!

0コメント

  • 1000 / 1000