自分でやってみよ!

寝室の模様替えは思うように進みませんでしたが、この夏、家の中の気になっていたあちらこちらを修繕してみました。


先ずは巾木(幅木)。

巾木とは壁と床の間に、その隙間を隠す目的や装飾として使われているものです。

恥ずかしながら、我が家には興奮したり、腹を立てたり、また不安になったりすると部屋のあちこちに、オシッコをひっかける奴がいます。

愛犬ジョーベイです。

奴は男の子で、私が家にいると、ちゃんと洗面所に設けたオシッコシートエリアでするのですが、

例えば私が長時間外出し帰らなかったり、休日に夫と出掛ける際に一緒に連れて行かなかったり、遊んでほしいのに忙しくかまってあげなかったりすると、

さみしいよ~とか、あそんでよ~とか、一緒に連れてって~とか、言葉の代わりにオシッコする行動で訴えてきます。

それからジョーの通り道に何かを置いたりすると、それにも必ずひっかけます。

気持ちはわからんでもないのですが、これには困って、過剰に反応してしまい、初めの頃は思いっきり水をかけたり、色々な洗剤を試したりして、、、結果大失敗!!

ホンモノの木ではなく、集成したものであったため、ふやけてしまいひどい姿になってしまいました。私のこんな失敗が我が家にはちらほらあります。

数万かけて直してもらうべきか、思い切ってリフォームするべきか、でもリフォームしてもまたやられるよ!とかで、あきらめていたのですが、

え~~~い、この際自分でやってみっか!


好きなホームセンター、ジョイフルホンダ(埼玉や千葉、栃木などにあります)まではるばる行き、カットしてもらいました。そしてホームセンターのおじさんに教えていただいたり、ネットで調べたりしました。

意外に外す作業が大変で、雑にやっては壁紙がはがれてしまいます。新しい巾木と壁紙をボンドで貼らなくてはならないので、壁紙は残しておく必要があるのです。

ケース2ではここまでひどいことになってしまいました。。。

はずした後は、しみ込んでいたオシッコの掃除をよくよくして、すっかり乾かして、ボンドで貼ったら、巾木の溝に「隠し釘」を打ち込みます。

今回はじめて隠し釘という存在を知りました。隠し釘とは打った後に頭を取ってしまうので、釘が見えなくなるのです。これを打ち込むのがちょっと難しかった。巾木を叩いてしまうと塗装がはがれて凹んでしまいます。

全4か所。外す→掃除する→乾かす→貼る・打つで夕方にはできあがり。

費用は巾木、巾木のカット代、ボンド、隠し釘で、なんと1500円弱。

ばんざ~い!

長年のストレスが吹っ飛ぶ思いでした!


そして・・・

ジョーベイとは関係なく、私の仕業ですが、壁にたくさんあけてしまった穴埋めもしました。

私があけた一番大きな穴。玄関の鹿のオブジェを外した痕。

なんとかここまで目立たなくなりました。

前に何か吊るしてしまえば、もうわかりません。

穴埋めパテというのがあるんですね。私はこれまでテッシュペーパーを楊枝で埋め込んでいました。(大笑)けっこう上手にできます。


こうして自分の手で修繕すると、なおいっそう家に愛着がわいて、

今後は穴を開けないようにしなきゃね~ごめんごめん、とか反省したりして、

なかなかいいですよ。


+Plus Green風水

まずは整理整頓と掃除!そしてグリーン(植物)をプラスしてみて下さい!

0コメント

  • 1000 / 1000